緑内障に要注意|少しでも違和感を感じたら眼科へ

ドクター

見え方が変な時に疑う病気

瞳

視野が欠けていませんか

ものを見る時に違和感を感じることがないでしょうか。例えば、目を動かさないで鉛筆などの先を動かした時に、見えない部分があったりしますと、それは、その部分の視野がかけていることになります。視野がかけている部分が少ししかない時には、もう1つの目で自然に補いますので、なかなか気がつかないものです。しかし、視野の欠けがある程度の大きさになりますと、生活上支障が出てきますので、それで気づきます。このように視野が欠ける病気に緑内障がありますが、これは、どんな病気なのか説明しましょう。まず、目の構造からはじめます。目に入ってくる光は、角膜、水晶体、硝子体の順に目の中を通って、最終的に視神経に達して、その信号が脳に伝えられます。

視神経の異常が原因です

緑内障は、目の一番奥にある視神経の異常が原因で、視野が欠けたり、視力が落ちたり、最悪の場合には失明する病気です。視神経の異常は、硝子体の圧力(眼圧)が高い状態が続くことで視神経を傷めてしまうのです。この緑内障は、痛み等の症状が出ないため、気がつくのが遅くなる病気です。それで、視野の欠けなどに気づいた時には、そうとう病気が進行していることが多く、そこから回復することは困難だといわれています。このようなことから、緑内障の治療は、現状以上に症状を悪化させないということしかできません。それ故、緑内障は早期発見が重要です。緑内障の早期発見は、定期的に目の検査によってできます。検査内容は、眼圧測定や眼底検査、視野検査などがあります。

視界に変なものが見える

ハート

飛蚊症は生理的な原因でなってしまっている場合は放置しておいてもほとんど問題はありませんが、何か大きな病気の前兆として出てくることがありますので、飛蚊症になってしまったら一度は眼科の診察を受けるようにしましょう。

詳しくはコチラ

物の見え方に注意します

目元を触る女の人

緑内障は、病気が進むまで自覚症状がないという特徴があります。そのため、眼科で定期健診を受けるのが人気になっています。自分でも、視野が狭くなっていないかどうかを気にかけ、緑内障の予防、または早期治療を心がけることが大切です。

詳しくはコチラ

早期発見が大切な目の病気

診察

目の前に不思議なものが見える場合は、生理現象としての飛蚊症と病気の初期症状としての飛蚊症があります。これらは早期治療が必要になりますので、どちらにしても決して自己判断せずに早めの眼科受診が大切ということです。

詳しくはコチラ