緑内障に要注意|少しでも違和感を感じたら眼科へ

ドクター

物の見え方に注意します

目元を触る女の人

定期健診が人気です

眼科では、定期健診が人気です。その理由は、緑内障の特徴にあります。この病気は、急性のものもありますが、大半はかなり進行するまで自覚症状がありません。視野がゆっくりと狭くなっていきます。そのため、自分で眼の異変に気が付くことはまれであり、病気が進行してから眼科を受診するという場合が多くみられます。最近では、緑内障という病気の知名度が上がり、定期的に眼科を受診して、目の異常を早めに見つける人が増えています。日頃からかかりつけの眼科で健診を受けることで、早期治療、予防することができる、というのが、人気の理由です。また、この病気は40歳前後から発症する頻度が増えます。日本では、40歳以上の5%がかかっていると推定されています。そのため、定期健診も、40歳以上の人に人気があります。

自分で確認できます

緑内障は、失明の原因ともいわれています。そのため、早期発見、早期治療が大切です。自覚症状がほとんどないため、日頃から物の見え方について、気を付ける必要があります。自分でできるチェック方法としては、まず、片方の眼だけで見たときに、正面の上下や鼻側の視野が狭くなっているかどうかを確認します。狭くなっているときは、眼科を受診します。緑内障には、いくつかの種類にわけられており、専門医の診察を受けることが、早期回復には欠かせません。緑内障は、閉塞性隅角緑内障、開放隅角緑内障、高眼圧症、正常眼圧緑内障があります。病気の特徴や原因はそれぞれありますが、治療方法としては、どれも眼圧を低くするために、眼圧下降薬を点眼します。